婚姻要件具備証明書(独身証明)を取得してきました!一連の流れを公開します(画像あり)

      2019/03/31

フィリピン人とフィリピンで結婚する場合、婚姻要件具備証明書(こんいんようけんぐびしょうめいしょ certificate of legal capacity to contract marriage)という書類を申請する必要があります。
これは、独身証明とも呼ばれます。
この書類は、Marriage License(婚姻許可証)を取得するために必要になります。

婚姻許可証取得方法(日本語版) 英語版はこちら

フィリピン人側も同じようなものを用意しますが、CENOMAR(Certificate of no marriage, セノマー)と呼ばれ、日本人側が用意する婚姻用件具備証明書とは区別されます。

実際に管理人が行なった その手続きの一連の流れをご紹介いたします。

必要なもの

パスポート
戸籍謄本(発行後3か月以内のもの)
結婚する相手の出生証明書

筆者、大いなる勘違いで痛恨のミス!

↓の画像は、在フィリピン大使館のHPにも出ている婚姻用件具備証明書取得方法案内。

筆者:「ふむふむ、左半分は日本人が婚姻要件具備証明書を取得する場合に必要なものか。(つまり、日本人の場合は戸籍謄本だけでいいのか!)」

筆者:「右半分は、フィリピン人が在フィリピン大使館で婚姻用件具備証明書を取得する場合に必要なものか。
(フィリピン人が申請する場合は出生証明書( Birth Cerificate ) と、一応パスポートを持ってくるんだな!)」

と読み違ってしまいました。

でも、よく考えれば分かる事ですが、この案内は日本人用に作られたもの。
ここに書かれている項目は、全て日本人が用意して持って行かなければならないものです。
そもそも、フィリピン人フィアンセは、この証明書の申請を在フィリピン日本大使館にはしません。NSO(フィリピン統計局)に申請します。
(ちなみに、フィリピン人のCENOMAR申請方法はNSOに直接行く方法以外にも、オンライン申請もあるとか。配達してくれて便利!)

結局、管理人はフィリピン人婚約者の出生証明書を持参しませんでした。
でも当日になって不安になり、念のため彼女の出生証明書のコピー(Photocopy)があったので持っていきましたが、

大使館の人:「コピーじゃだめです。謄本じゃなければ・・・。」

とのことで、泣く泣く出直す羽目に・・・。涙

これをご覧の皆さんも申請の際は お気をつけください。
こんなミスをするのは管理人だけかもしれませんが・・・(^^;)

婚姻要件具備証明書の申請手順

ロハス・ブルバードの在フィリピン日本大使館へ

タクシーの場合、運転手に「ロハスブルバードの日本大使館(Japan embassy)」と言えば大体言ってもらえます。

守衛ゲートで通信機器類を預け、整理券をもらう

ゲートで所持品検査があり、ノートパソコン、スマホ、携帯電話等の一切の通信機器は預けなければなりません。
そこでラミネートされた整理券(A4の半分サイズ程)をもらいます。
筆者が行った時、守衛が渡し忘れ、申請場所で待っていても自分の番になりませんでした。すぐに他の人が番号で呼ばれているのに気付き、守衛に戻って整理券をもらいました。

番号を呼ばれたら必要書類の提出

証明書関係引換券をもらう。

提出書類に問題がなければ、↓の引換券がもらえます。

これで申請は完了です。

受取方法

受取の際は、持ち物は引換券とパスポート、そして申請料500ペソ(2018年3月時点)

婚姻用件具備証明書は、申請した日の翌日に受け取れます。

ただし、
午前に申請したら、翌日の午前に受取
午後に申請したら、翌日の午後に受取
という形になります。

ちなみに、婚姻用件具備証明書はこんな書類↓

そして、「コピーを5枚はとっておいてね」という注意書きももらいます。

私は心配性なので、7枚コピーしました。(^^;)
皆さんもコピーをお忘れなく!

まとめ

・婚姻要件具備証明書(certificate of legal capacity to contract marriage)は独身証明とも呼ばれる。
・フィリピン人が取得する独身証明はCENOMAR(Certificate of no marriage) と呼ばれ、日本人側が取得する婚姻要件具備証明書とは区別される。
・申請の際に必要なものは、戸籍謄本、フィリピン人婚約者の出生証明書の謄本、自分のパスポート(オリジナル)
・ゲートのフィリピン人守衛は整理券を渡し忘れるかもしれないので、忘れずにもらおう!
・証明書は申請した翌日に受け取れる。但し、申請したのが午後であれば、受け取りも翌日の午後以降になる。
・受け取り時に必要なものは、引換券、パスポートのオリジナル、500ペソ

※注意※
日本人側・フィリピン人側の手続き 両方に言えますが、法改正等により内容が変更になることがあります。
このブログの内容はあくまでも2018年3月時点での参考であり、必ず最新の情報を関係諸機関へ直接ご確認下さい。

 - 国際結婚, 結婚手続き ,