村上春樹フェスティバル2018フィリピンのマニラ開催場所の行き方は?

      2019/01/28

世界的ベストセラー作家、Haruki Murakamiのイベント in Manilaが初開催されます。

村上春樹ファン(ハルキスト)にはウズウズしてしまうイベントではないでしょうか(^^)
ファンの方でなくても、作品を1つでも読んだ方は彼のすごさを知っている人も多いと思います。
私も何作品か読みましたがお気に入りは『ノルウェーの森』、『海辺のカフカ』、そして『1Q84』です。
読書が苦手な私も、読み始めるとその世界観に入り込み、時間が経つのを忘れたのを覚えています!

村上春樹フェスティバルの内容は?

このイベントは「一日当日限り」のものではなく、
3つのカテゴリーを分け、「日程も分けて」実施します。

カテゴリー1:語る

【日程】 2018年2月27日(火)17時~
【会場】 アテネオ・デ・マニラ大学 Leongホール ケソン市 メトロマニラ
【登壇者】 Alona Guevarra助教授(アテネオ・デ・マニラ大学 村上春樹研究者)など
【料金】 無料。満席でなければ当日参加可能。https://harukitalk.eventbrite.comから事前予約ができます。

カテゴリー2:観る
映画鑑賞
1.映画 『ノルウェイの森』
【日程】 2018年3 月16 日(木)19時~

2.映画 『トニー滝谷』
【日程】 2018年3月17日(金) 19 時~
【会場】 UP(フィリピン大学) Film Institute, UP Diliman, ケソン市、メトロマニラ
【料金】 無料 予約不要 当日先着順にて入場

カテゴリー3:聴く
【日程】 2018年3月23 日(金)、24 日(土) 20 時~
【会場】 Globe Auditorium, Maybank Performing Arts Theater, BGC Arts Center, 26th St. Taguig, Metro Manila.
【出演】 国府弘子スペシャルトリオ(ジャズ)、
1966 カルテット(クラシック)
April Merced-Misa(ピアニスト) 他
【監修】 小沼 純一(早稲田大学文学学術院教授、音楽評論家)
【料金】 無料。https://murakamiconcert.eventbrite.comから2月27日(火)以降事前登録可能。満席でなければ当日参加可能。

<公式サイト(国際交流基金)>
https://www.jpf.go.jp/j/about/press/2017/072.html

→私は日程的に、カテゴリー1の講演には行けなさそうです(^^;)
興味・関心のあるものに、ご都合に合わせてご参加ください♪

空港から会場への行き方は?(アテネオ・デ・マニラ大学 と UP ディリマン)

日本からお越しになるハルキストの方々は、空港からの移動はタクシーなります。
(現在のところ、空港から会場への直通の交通機関はありません。)
バスやジープニー(現地の乗り物)で乗り継いでいけないこともないですが、スリやホールドアップ等のリスクが伴います。
日本のタクシーと違い、流しのタクシーに乗って200ペソ(約500円) プラス。
UBERタクシーを利用しても300ペソ(約740円)プラスなので、日本と違って安いですよ(^^)

尚、私のお勧めはUBERです。
運転手の名前や携帯番号等の情報が公開されていて安心です。
料金も乗る前から設定されるので、支払の際、運転手と揉めることもないのでNOストレスですよ☆

<フィリピン大学 (UP Diliman) >

空港から会場までの移動時間は大体40分くらいをみておくとよいでしょう。
(ただし、渋滞によって変わってくるので注意です。)

まとめ

●イベント内容は「語る」(講演会)、「観る」(映画鑑賞)、「聴く」(コンサート)の3カテゴリー!
●日程は、「語る」:2/27, 「観る」:3/16, 3/17, 「聴く」3/23, 3/24
●会場(アテネオデマニラ、UP Diliman)へはUBERタクシーが安全・快適!

ご質問やこのブログで「こういう記事を書いてほしい」などのご要望がございましたら、ぜひコメント覧かお問合せ覧にてお寄せ下さい。

 - イベント