アラバンにできた博多一幸舎ラーメンに行ってきました!

      2019/01/28

前回のブログで書いた通り、博多一幸舎にラーメンを食べにアラバンに行ってきました!

タクシーで行くと400ペソちょっとくらいで、時間は渋滞無しで30分前後です。

私はフィリピンの国民の足の1つ・・・「バス」で移動したので紹介します。

マカティからバスで一幸舎のあるフェスティバルモールへ行くには?

まずは ↑ のバスでSM Makatiまで向かいました。

↓ SM Makatiのバス停に行くと、「South station」という札を掲げてるバスがあります。

乗り込みました。(ちょっとボロいw)
運賃はコンダクターのお兄さんが回収に来てくれます。
マカティからアラバンまで36ペソ(90円くらい)でした。

South Stationに着きました!

こっから、10~15分くらい徒歩でモールへ向かいます。

フェスティバルモール (Festival Mall) にやってきました!(ゴール!!その1)

フェスティバルモールに着いてから一幸舎に行く為には?

フィリピンのモールは、そこらにいる警備員の兄ちゃん or 姉ちゃんに行き方を尋ねれば、

大概の場所が見つかり、困る事って あんまりありません。

しかし!!!!!

博多一幸舎アラバン店は まだ開店して間もないため、

「Ikkousha 」と聞いても、分かる方はいらっしゃいませんでした。(笑)

(サービスカウンターのコンシェルジュの人はさすが!知ってました。)

 

まずは眼鏡の「OWNDAYS」を探しましょう!有名なお店なので、探すのは大変ではありません。

ここをまっすぐ進んで外に出ます。

するとそこに一幸舎はあります。(ゴール!!!!その2w)

ラッシュアワーを避けて午後4時くらいに来たのに、結構客入りがいいのに驚き!

お店の雰囲気と環境は??

店内の様子を見ていきましょう!

30人ちょっと入れる感じでしょうか。

広すぎてガヤガヤし過ぎることもなく、味にも集中しやすい店内ですね。

↓ 入って左側の一角。一人で来た人でも座りやすそうな席です^_^

ラーメンの種類、麺の硬さ、味の濃さなどを選ぶ紙。

ラーメンの好みをリクエストできます。

(英語と日本語 両方あるので、フィリピーナの彼女もOKでした🎵)

それでも記入方法がよー分からん私の彼女のために、

お店の人が丁寧に要望の書き方を教えてくれました。やさしす・・・!

Tora:「ブログにお店を紹介させていただいてもいいですか?」

と店舗の責任者の方(日本人)に伺ったところ、快諾していただけました(^^)

責任者の方:「せっかくなんで、厨房も是非・・・ (^^)」

Tora:「・・・なぬ?!(・∀・)」

・・・なんと、特別に厨房に入らせていただきました!

整理・整頓・清潔がきちんとされていますね。新しいからキレイ!

私の部屋の5倍きれいです!(笑)

↓ は日本人スタッフの坂さん。

 

坂さんがスープをかき混ぜてインスタ映えならぬブログ映え(?) するように協力してくれました。笑

つづきまして気になる調味料!

テーブル席全てに備え付けてあるので、自由に使えます。

私としてはにんにくと紅生姜といりごまがあったので、言うことなしです!

とんこつラーメンに合うんですよねぇ〜!(╹◡╹)

実食!!

そうこうしている間に注文したメニューが出されましたよーーっ!

まずは、ぎょうざ!(意外と大事)

Good Ramen Restaurant  =  Good Gyouza

これはフィリピンの常識です(ぇw)

フィリピンではなんちゃってギョーザが多く、微妙なものが多いのです。

ここの餃子は皮が硬すぎず柔らかすぎずで、具も安定した美味しさでした!

続きまして、待ってました。メインの登場です!

私は塩とんこつを選びました。

スープの口当たりが良く、非常に飲みやすかったです。

女性に喜ばれそうなメニューです。

私の彼女が選んだのはとんこつです。

塩とんこつと比べると、やはりスープの濃さやコッテリ感がしっかりとしてます。

私としてはこちらの方がパンチがあり、満足を感じやすいのでオススメですかね(^^)

フィリピンで勢力を急激に伸ばしている某ラーメンNのラーメンと比べると、

「パンチはあるけど、[どぎつさ] がない。」

「上品・質が高い」

と感じました。

マカティ住まいの私としては、早くマカティにも店舗が出てほしいですね。

(これを見たオーナーさん、お願いします!^^)

 

以下はメニューになります。

ラーメンがお好きな方であれば、幸せになれるラーメンが食べれますので、

是非皆さん足をお運びください♪(^^)

 - 食べ物 ,